観音寺城|追手道を行こう!

観音寺城 は安土城より前に石垣が多用された日本最大級の山城です。五大山城の4番目にあげられており、隣の安土城に勝るとも劣らない魅力的な山城です。ところが城域に向かう道筋が整備されておらず、今までは観音正寺や桑實寺の参道を利用するしかありませんでした。しかし最近、ボランティアの皆さんの努力によって追手道が整備され、山裾の御屋形跡から中心部の一角にある池田丸まで、安全に登れるようになりました。

今まで石寺側の山裾から観音寺城の本丸付近に登る場合には、観音正寺の参道を利用するしかありませんでしたが、この道は本来の登場道では無いうえに、石段の段差が大きく決して歩きやすくはありませんでした。しかし今回の整備によって、観音寺城本来の登城道である追手道が利用できるようになり、道筋自体も観音正寺の参道よりもずいぶん歩きやすい道になっています。

そこでこの道を紹介させていただく訳ですが、観音寺城へお出かけの際にはまず以下の地図をご覧ください。この地図は全国山城サミットが安土で開催された時に頂いた冊子からの引用ですが、郭と城道が詳細に示されており郭や道筋等、観音寺城の全貌が良くわかります。今回整備された追手道はこの図の下から上に向かって延びている 3本の道の最も左の道です。 なお観音寺城と佐々木六角氏については、観音寺城|近江源氏 佐々木六角埋蔵文化財活用ブックレット11 – 観音寺城跡 等に解説がありますので併せてご覧ください。

観音寺城の主要な郭と城域内の道

kannonjijo_map1605

* この地図は「埋蔵文化財活用ブックレット11 – 観音寺城跡」からの転載です。

日吉神社の鳥居の前を左折して御屋形跡に向かう

整備された観音寺城の追手道の起点は御屋形跡です。山裾から観音正寺の参道を登り、しばらく進むと日吉神社があります。ここを直進せず左に折れるとすぐに御屋形跡があります。

日吉神社の鳥居前。ここを左に折れ追手道の入口に向う
観音寺城追手道-01

道の先は御屋形跡。追手道にはこの御屋形跡から入る
観音寺城追手道-02

 

御屋形跡周辺は竹と雑木が伐採され、石垣が良く見えるようになりました。

御屋形跡に上る階段の手前DSC_9269

御屋形跡に上る階段の手前(整備前の様子)
観音寺城追手道-71

御屋形跡に上る階段の途中
DSC_9304

御屋形跡に上る階段の途中(整備前の様子)
観音寺城追手道-73

 

整備された追手道|御屋形跡から林道繖山線まで

追手道へは右手に見える石垣の手前から入る事ができます。道筋には自然木の階段が設置されています。このお追手道は、鳥打峠から上ってくる繖山林道で分断されており、防火用水のあるところで一旦途切れます。なおここに上げた写真は遺構や景観等の見所の紹介では無く、道筋の様子を紹介する事を目的としていますので単調なものになっています。また多少前後している箇所や振り返って撮影した箇所もありますのでご注意ください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

整備された追手道|林道繖線から池田丸まで

この林道から上に登るための追手道の入り口は、防火用水の置いてあるところから林道を鳥打峠方向に 30~40 メートルくらい下ったところにあります。元々はそのまま直進していましたが、林道が通された事により急斜面が生じ通行できなくなりました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

こんな感じで観音寺城山裾にある御屋形跡から池田丸までの道が整備されています。

整備される前の追手道

この追手道が整備される前の様子をご覧ください。次に紹介する写真は2008年に撮影したものですが、この翌年の 2009年には緊急雇用対策の予算で、この 追手道の林道より上の部分が整備 されており、今回(2015年)の整備は近年に行われた 2度目の整備という事になります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

せっかくの城跡めぐりですので、お寺の参道では無く観音寺城本来の登場道である追手道を利用されてはいかがでしょうか?

参考: 観音寺城|散策の備忘録

2009年の緊急雇用対策による整備

参考: 観音寺城|散策の備忘録

雪野山♡しもはねだ里山天国について